きものサロン加門は、成人式・振袖へのこだわりが違います。

節目のきもの

left-bc-top

生きる時間の中の節目 〜だいじなことちゃんときちんと〜

『日本人に生まれてヨカッタ』

この世に生を受けてから、命を終えるその日まで、節目毎に祈りや感謝や報告などの儀式を行います。それを通過儀礼といい、「生涯一度」の思いをこめた大変意味深い儀式なのです。地方や地域によって儀式や風習は若干異なりますが、根底にある思いは同じです。
大切に生涯一度の儀式に臨みたいものです。

年表

帯祝い

犬のお産が軽いことに由来し、妊娠五ヶ月目の戌の日に行われる帯祝い。
犬が人の霊魂を導くという原始的信仰にも基づいているようです。
昔は臨月に近親者が妊婦を招いて、ごちそうを振る舞うという行事もあったそうです。
体力が落ちかかっている妊婦を皆で守ろうという現れかもしれません。

お七夜

お七夜お七夜赤ちゃんの名前を決めて、健やかに成長して欲しいと願う誕生後初めての儀式です。
医療設備や衛生管理がしっかりしている今とは違い、昔は出産後すぐに亡くなってしまう赤ちゃんが多かったので、生後三夜、五夜、七夜、九夜に、無事に育っていることを祝っていました。その名残で、お七夜だけが今も儀式として残っているのです。

昔は父方の実家で行われていて、命名書を書いて床の間に飾り、親戚や仲人などを招いて盛大にお祝いをしました。
しかし最近では、まだまだ万全でない産婦の体調を気遣い、身内だけで食事会をするなどで簡単にすませる場合が増えています。

お宮参り

お宮参りお宮参りお宮参りは、無事出産出来た事のお礼とともに、生まれた子供の健やかな成長を氏神様に祈願する行事です。

日取りは地方によって多少異なり、男児は30-32日目、女児は31-33日目に行います。ここで新生児は初めて晴着をまとうことになります。姑が孫を抱くのは、体力を消耗している嫁を労ってのことではないでしょうか。

赤ちゃんは産着の上から祝い着をかけて抱かれています。
内祝いですから母親も祖母もあまり華美にならずに、訪問着等の略礼服が良いかと思います。

お食い初め

お食い初めお食い初め子供が一生食べ物に困らないようにとの願いをこめて行う行事です。生後100日目に、一汁三菜の本膳について食べさせる真似事をします。

初正月・初節句

初正月・初節句節句初正月・初節句には、かつては男児には破魔弓や凧、女児には羽子板や手まり等が親類から贈られましたが、最近ではお年玉として現金を贈ることが多くなりました。

節句には、武者人形やひな人形が贈られ、親類縁者を招いて盛大に行うことも。

腹帯はお祓いの上、お返しします。

七五三

七五三七五三数え年の三歳・五歳・七歳の11月15日とされています。三歳の髪置き(髪を伸ばしはじめる)、五歳の袴着(初めて袴を付ける)、七歳の帯解き(付け紐から帯へ)の儀式に由来します。

いずれも子供の無事を感謝し、今後の成長祈願をする大切な通過儀礼です。

最近は、写真撮影するだけで済ませてしまうご家族もあるようですが、豪華で高級な着物でなくても正装させ、ぜひ産土神(うぶすながみ)様へ家族揃ってお参りに出かけたいものです。

十三参り

十三歳になった女の子が初めて振袖を着る日です。
昔は十三歳で立派な成人女性とされたことから成女式と呼ぶ地域もあります。
数えの十三歳は干支が一回りして初めて迎えた年でもあり、女の子にとっては最初の厄年となりますので、厄除けの意味も含まれています。

成人式

成人式成人式昔は、男子が元服の儀、女子は裳着の儀として、今の20歳よりずいぶん早い年齢で大人になった事をお披露目し祝っていました。

未婚女性の第一礼装としての振袖ですから、思いをこめて選び、着用したいものです。育ててくださったご両親やご家族に感謝し、大人への旅立ちを心からお祝いしましょう。

結婚

結婚近頃は神前での結婚式が見直され、打掛姿が見受けられるようになってきました。日本女性の体格も随分良くなり、ロングドレスも似合うと思いますが、やはり「金襴緞子の帯締めながら〜♪」と歌われた、和装の花嫁衣裳姿も捨てがたいものです。
生涯一度のことですから、思い出に残る素晴らしいものであって欲しいものです。

白無垢とは、武家(侍)の家に嫁ぐ花嫁の衣裳。白は神聖な色とされており、花嫁衣裳に純白が貴ばれるようになりました。「嫁ぎ先の家風に染まる」という意味合いを持ちます。

花嫁さんは、文金高島田という髪に綿帽子、もしくは角隠しを被り、掛下振袖を裾引きに着て、その上に内掛けを着ます。掛下振袖は本振袖になっていて、下重ねまたは比翼仕立てで、裾にふき綿が入っています。帯は掛下帯を文庫に結びます。

お色直しでは、綿帽子や内掛けをとり、華やかな色柄の大振袖に着替える事が多いようです。
この時、花婿さんは羽織袴の男子紋服姿で、お色直しの時は色物に変える事もあります。
あくまで主役は花嫁さんですから…。

《お嫁入りに、きものを持っていくという誇りと決意》

お嫁入りの支度は、嫁ぎ先の地方によって少しづつ違います。
呉服屋さんは万(よろず)相談所。まず、分からない事は呉服屋さんに相談してみるのが良いでしょう。

かつては結納の後、着物や帯をひと揃え誂えに出したものですが、すべてを誂えるのでなければ、長らく着られて飽きのこないものをまず最低4枚(黒紋付・訪問着・黒留袖・色無地)だけでも揃えることをオススメします。

《失敗しないパール選び》

パール選び 若いお嬢様のパール選びは、なんといっても一生お使いになれる良いものを選ぶこと。
まずは冠婚葬祭のすべてに使えて、カジュアルにも活用できるパールのネックレスを揃えましょう。早いうちに上質な本物を身に付けることで、知らずしらずのうちに気品あふれる立ち居振る舞いが身につきます。

《数珠を持っていますか?》

数珠 数珠は、煩悩を念珠が引き受けてくれることから厄除けのお守りの役割もしています。
お嬢様に降りかかる厄を祓う意味で十九歳の厄年で揃えるのがいちばんですが、厄年を過ぎても、早いうちに揃えたいアイテムの一つです。お焼香をする時には、たとえ高価な宝石で出来た数珠でなくても、大人の常識として持って出かけたいものです。

《謹みを装い、故人を偲ぶ 〜失敗しないブラックフォーマルの選び方〜》

参列をする人全てが黒の衣服に身を包み、思い思いに故人を偲ぶ通夜や葬儀の場。
いざという時に恥ずかしい思いをしないように、きちんと装いの準備をしておくのも大人の女性の嗜みの一つです。流行り廃れのないシンプルなデザインのものを選んでおけば、長い間着用することができます。

《結婚式》

結婚式父親は羽織袴かモーニング、母親は黒留袖、兄弟は成人以上ならばモーニングかタキシード、既婚女性は留袖、または色留袖、血縁関係が遠くなれば訪問着や色無地になり、未婚女性は第一正装の振袖が相応しいでしょう。

挙式やパーティでは礼を失することのない装いを心掛けながら、しきたりの中にセンスを生かした装いで列席しましょう。

卒業式・入園・入学式に参列する母親

あくまで子供本人が主役ですから、あまり華美にならず、中身とともに明るく優しい母親という印象で臨みたいものです。訪問着や付下、淡い色合いの色無地などが良いと思われます。

厄年

女性は19歳の厄年を過ぎると20歳代は厄年はなく、30代になると続けざまに大厄と小厄がやってきます。

【大厄】 前厄32歳、本厄33歳、後厄34歳
【小厄】 前厄36歳、本厄37歳、後厄38歳

お正月にはきちんと着物を着て、産土神(うずながみ)様や、お世話になっている神社仏閣での厄払いをしておきたいものです。

厄年には、人から贈られた七色の小物を身に着けることで災いを遠ざけるという言い伝えがあります。特に「長いもの」は昔から好まれ、帯や帯締などを厄除けに贈るという地域もあります。

結婚記念日

結婚記念日指輪人生にはたくさんの記念日があります。
一期一会の心で、記念の日を素晴らしい一日にしてください。
お誕生日や結婚記念日だけでなく、お彼岸やお盆のお墓参り、年忌の包容も考えてみると「日」を記念し、大切にする日本人の大切な心ではないでしょうか。

通過儀礼や記念日を大切にするという心が、人生をより豊かに味わい深いものにしてくれます。誕生石や守護石をあしらったジュエリー、誕生花を描いた着物や帯などが記念日にふさわしい思い出の品になるでしょう。

長寿の祝い

長寿の祝い長寿「賀寿」とは、長寿を祝うことをいい、還暦から祝うことが慣例となっています。平均寿命がもっと低かった時代に始まったことで、最近では還暦では長寿と呼ぶには若すぎるため、古稀あたりからお祝いをすることが多くなりました。

還暦といえば赤いちゃんちゃんこを想像すると思います。
現在は赤いちゃんちゃんこと頭巾を贈る人はほとんどいなくなりましたが、魔よけの意味もある赤色のものを贈る人が多いようです。

古稀からのお祝いは、本人の健康状態を考慮しながら身内で盛大に行います。
洋服やアクセサリー、旅行券、趣味のものなど、喜ばれるものを贈りましょう。

60歳 還暦 60年で、生まれた年の干支に再び還ることから
70歳 古稀 中国の詩人、杜甫の詩で「人生七十古来稀」より
77歳 喜寿 「喜」の字の草体は「七十七」と読まれることから
80歳 傘寿 「傘」の略字が「八十」と読めることから
81歳 半寿 天寿の半分という意味から
88歳 米寿 「米」の字を分解して「八十八」としたことから
90歳 卒寿 「卒」の略字が「九十」と読まれることから
99歳 白寿 「百」から一を取って「白」になるから
100歳 百寿 まさに「百歳」のお祝
108歳 茶寿 「茶」の字を「十」「十」「八十八」に分解したその合計
111歳 皇寿 「白(99)」+「王(十と二)」より
120歳 昔寿 「昔」の字を「十一」「十一」「日(百から二を引いて98)」に分解して合計
162歳 天寿 人生全う

葬儀の装い

人生の通過儀礼の締めくくりは弔事です。昔は白だったようですが、現代では一部の地域を除き、洋装和装を問わず黒を着ます。

葬儀でお召しになる礼装の着物は一般的に「喪服」と呼ばれますが、正式には「黒紋付」といいます。五つ紋と呼ばれる第一礼装の着物です。帯は黒共帯、帯締帯揚も黒の場合が多いようで、長襦袢は白の無地です。

お通夜や法事の時は半喪として、地味な色無地に黒共帯をします。

※資料参照:株式会社PR現代「花saku」「だいじなことちゃんときちんと」

605-bc-bottom

相談会

加門こだわり

成人式当日・前撮り写真撮影会当日、すべて弊店でできます!!

弊店提携美容院・お客様ご希望の美容院も選択可能。ブライダルやウエディングドレス・振袖ショーを手掛けるプロのスタイリスト・ヘアメイクアーティストがあなたを美しく演出します。

振袖選び

振袖選びは試着が命!!
運命の1枚に出会うまで、何枚でもご試着してください!
オシャレな小物を使ったコーディネートもおまかせください!!

成人式当日

ブライダルやウェディングドレス・振袖ショーを手掛けるプロのスタイリスト・ヘアメイクアーティストによる着付け・ヘアメイク、実績のあるプロのカメラマンによる写真撮影で、あなたを美しく演出!いつもと違うあなたに出会えます!!

着用後

着られた後のお手入れなど、アフターケアはおまかせください!
(※お手入れ発送時のメーカーへの送料は、一切頂きません。)
レンタルの方は、着られた後のクリーニング代は不要です。そのままご返却ください。

こだわり