きものサロン加門は、成人式・振袖へのこだわりが違います。

TPO

left-bc-top

シーンに合わせた着物選び

お見合い、観劇、同窓会、パーティなど様々な行事や人との触れ合いを大切に、 着物選びもその場にふさわしいものを選びたいものです。

自分を高めてくれる極上の一日を、ライフスタイルを上手に取り入れて、 心豊かな人生にしたいですね。

着物の種類と格

黒留袖

黒地に裾模様の着物で、既婚女性の第一礼装です。主に新郎新婦の母・親族が着用します。
年齢などでふさわしい柄ゆきを選び、決まりとして染め抜きの五つ紋、白の比翼仕立てにします。

色留袖

黒以外の色の地に格のある裾模様の着物。
既婚女性や振袖を卒業した未婚女性達が、礼装・準礼装として着用します。
着用は婚礼では、未婚の姉妹や親族が適し、また、華やかなパーティや初釜などにも可。
五つ紋付にすると第一礼装。三つ紋付にすると、着る機会が幅広くなります。

訪問着

胸と裾に柄あわせをした着物。               
格調高い古典柄や豪華なものは、一つ紋を付け、準礼装として装うことが出来ます。
最も幅広く活用できる着物ですが、着る場所に応じて、相応しい柄ゆきを選ぶのが大切です。
婚礼や重要な茶会等には、一つ紋付が相応しいです。

付下

同じ絵羽模様ですが、訪問着は白生地を裁ってから染めるのですが、
付け下げは反物のまま染める着物の事を指します。
基本的に縫い目に柄が渡らない柄ゆきなので、訪問着より軽い外出着とみなされます。
しかし、今では柄ゆきの多様化で区別がつきにくくなり、模様の格・豪華さで着分けることが必要です。

色無地

柄のない無地の着物が色無地です。
礼装として、五つ紋を付ける場合もありますが、 実際は一つ紋を付けることが多いです。
この様にすると、格のある帯合わせで、準礼装になります。

小紋

全体に柄があり、一方向に柄を繰り返している着物です。
軽い外出着とみなし、お稽古・観劇・友人との食事などに向く着物です。
柄が多種多様ですので、模様の格によって着る場所を考慮する必要があります。

紬(縞・絣)

これらの紬は、昔は普段着とされていました。
現代では、軽い外出着として様々な場で着られる様になりました。
お稽古や趣味の会、友人との食事など、気負わないおしゃれに向く着物です。
最高で高価な着物でも、紬の場合、婚礼・茶会などの格のある装いには着用出来ません。

紬の訪問着

織り着物の代表で、節のある糸で織ったものです。
今はその地風が好まれ、紬地に絵羽模様を染めたり、織り表した訪問着は軽い訪問着とされます。
小紋同様、主にカジュアルなパーティや会食に着用し、柄ゆきや地風により着る場所を考える必要があります。

お宮参りの祝い着

「一つ身」と呼ばれる背縫いのない着物で、本来、母方の実家から嫁ぎ先の家紋をつけて、
おめでたい柄模様の豪華な衣装が贈られていました。

男の子の祝い着は、羽二重の五つ紋付きで、鷹や兜など、めでたい「熨斗目(のしめ)模様」が主流。

女の子の祝い着は、縮緬(ちりめん)地や綸子(りんず)地で、 花柄などの友禅模様の着物が主流です。中には一家に代々伝わる伝統の祝い着でお宮参りを祝う家族もあります。

TPOにふさわしい装いの基本

一覧表

※資料参照:株式会社PR現代「花saku」「だいじなことちゃんときちんと」

605-bc-bottom

相談会

加門こだわり

成人式当日・前撮り写真撮影会当日、すべて弊店でできます!!

弊店提携美容院・お客様ご希望の美容院も選択可能。ブライダルやウエディングドレス・振袖ショーを手掛けるプロのスタイリスト・ヘアメイクアーティストがあなたを美しく演出します。

振袖選び

振袖選びは試着が命!!
運命の1枚に出会うまで、何枚でもご試着してください!
オシャレな小物を使ったコーディネートもおまかせください!!

成人式当日

ブライダルやウェディングドレス・振袖ショーを手掛けるプロのスタイリスト・ヘアメイクアーティストによる着付け・ヘアメイク、実績のあるプロのカメラマンによる写真撮影で、あなたを美しく演出!いつもと違うあなたに出会えます!!

着用後

着られた後のお手入れなど、アフターケアはおまかせください!
(※お手入れ発送時のメーカーへの送料は、一切頂きません。)
レンタルの方は、着られた後のクリーニング代は不要です。そのままご返却ください。

こだわり